So-net無料ブログ作成

薔薇と菊 [菊]

京都府立植物園 菊花展バラ園
10月29日快晴。絶好の撮影日和
京都府立植物園へ行ってきました
折りしも、菊花展が開かれていました
バラ園も美しく色とりどりの薔薇が咲き誇っていました
DSC_0351_533pix.jpg

DSC_0376_533pix.jpg

薔薇回廊も開花すればまた違った雰囲気になることでしょう
DSC_0238_533pixbarakairou.jpg

彫刻作品が点々と置かれています
かわいらしいウサギも箱から顔をのぞかせて。
DSC_0102_533pix.jpg

アメジストセージの向こうに見えるのは
「力強い人」
DSC_0496_533pixtuyoihito.jpg

芝生の広場の向こうで菊花展が開かれています
広場には、たくさんの人がお弁当を広げたり
ハロウィーンの扮装をしたり
思い思いに楽しんでいます
芝生を歩く親子の後姿がなんとも言えず、ホンワカと心和みました
DSC_0488trim533pix.jpg

菊花展で最初に出会ったのが菊で出来た「まゆまろ」
京都のゆるきゃらで繭をかたどっているそうです
DSC_0442_533pixmayumaro.jpg

DSC_0459_533pix.jpg

菊の盆栽や扇形にしつらえた菊は、外国からの人に大人気。
DSC_0474trim533pix.jpg

次に温室へ入ってみました
ガラスの建物のフォルムが美しい
DSC_0490_533pix.jpg

中は、汗ばむようなムンムン暑さ。
見学の子供が「クーラー入れてほしい」と訴えていました
(温室にクーラーは入れちゃいけないでしょう)
入り口では、世界一大きな花「ラフレシア」が出迎えてくれました
DSC_0183_533pixrafflesia.jpg

熱帯の珍しい植物がいっぱい
風鈴仏僧華が樹から下がって風に揺れる姿がかわいらしい
DSC_0129_533pixfuurinnbusouge.jpg

カカオの実は、幹から直接生えるんですね
DSC_0141_533pixcacao.jpg

南国ではソーセージも木に成る???らしい
「ソーセージの木」
DSC_0174_533pixsausagetree.jpg

ほんとうのソーセージみたいな形をしています
説明のプレートにこんな説明がありました。
「Kigelia pinnataノウゼンカズラ科
アフリカ原産 長さ30~50cm直径10cm程度のソーセージに似た
果実がなるところから名前が付けられているが、果実は食用にはならない。
花は8cm程度で花弁の内側が暗赤色、夜行性のコウモリや蛾が花粉を媒介するので
花は夜開き、翌日には落花する。本園ではこれまで結実していなかったが、人工授粉と
果実の成長促進を行い、初めて結実させた」
温室から出ると、「10月桜」に出会いました
園芸品種で、10月から春四月まで咲くそうです
DSC_0194_533pixjyugatusakura.jpg


良い天気に恵まれて、顔が少しヒリヒリしてしまいました

タグ:植物園 薔薇
nice!(6)  コメント(10)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感