So-net無料ブログ作成
検索選択

梅から桜へ春爛漫 [梅桜を追って]

二月のある日、梅の花を求めて京都市北区の北野天神へ行きました
そのときには梅の花はまだ満開とは行きませんでしたが、
DSC_2918s500pix.jpg

DSC_2937s500pix.jpg

例年のごとく天神さんに受験祈願の人々の長い列
DSC_2932s500pix.jpg

本殿北西角の軒下の壁には素敵な彫刻がありました
DSC_2942s500pix.jpg

麒麟や兎
DSC_2947s500pix.jpg

DSC_2948s500pix.jpg

DSC_2944s500pix.jpg

神社にふさわしく灯篭に映える白梅
DSC_2957s500pix.jpg

DSC_2953s500pix.jpg

紅梅
DSC_2987s500pix.jpg

鼻の穴に小石を乗せて願い事をする「大黒さま」の鼻は年々磨耗して
とても小石が乗る状態ではなくなっています
DSC_2981s500pix.jpg

境内に点々とある石の丑は、体をなでる人たちでいっぱいです
自分の体の具合の悪い箇所を丑の力で直してもらうまじないです。
DSC_2978s500pix.jpg

宝物殿を見てきました。神社に伝わる絵画や絵馬、道具類、彫刻などが
展示されていて、その中に中央大鳥居の狛犬の台石に彫られている
紅白梅図の下書きの展示がありました。
竹内栖鳳画伯の手になるものだと判って帰りに狛犬の台座を見て来ました。
DSC_3015s500pix.jpg

DSC_3006s500pix.jpg
行くたびに新しい発見があるものです。

次に日にちは飛んで、三月三十日の京都府立植物園
今年の早まった桜の開花で、駐車場は長打の列。
待つことしばし、やっと入園できました
正門から入ると、目を射る真紅のチューリップの向こうに桜園が。
DSC_0489s500pix.jpg

そして桜桜桜さまざまな種類の桜にあふれています
DSC_0501s500pix.jpg

DSC_0505s500pix.jpg

DSC_0506s500pix.jpg

DSC_0535s500pix.jpg

桜の下ではお花見弁当を楽しむ家族連れや老夫婦や若いカップル達がいっぱい。
DSC_0507s500pix.jpg

池の鷺も昼ごはんの調達に忙しくしていました
DSC_0544s500pix.jpg

一口に桜と言っても白に近い色からピンク色、濃い色など様々な色合いがありました
DSC_0555s500pix.jpg

DSC_0573s500pix.jpg

白い桜は、かの有名な岐阜県の天然記念物の「薄墨桜」の増殖株と表示がありました
DSC_0565s500pix.jpg
江戸彼岸系の桜の中でも最も長寿の種類で樹高15~20m、幹径1mを超え、天然記念物に指定されている樹も多い。

植物園の外には、鴨川の流れと右手に見える川畔の半木の道
DSC_0587s500pix.jpg
半木の道には、ずらりと紅枝垂れ桜がトンネルを作りその下を歩けます。
満開の頃には桜祭りが催され、紅白の幔幕は張られ、茶会や模擬店などが連なりますが、
三月三十日時点ではまだ、つぼみも固くしばし待て状態でした。
これからしばらくの間は、名所に限らず、街中おの道も交差点も近所の神社も公園も個人の庭も桜の花で満たされて華やかで心晴れる季節になります
nice!(6)  コメント(7)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 6

コメント 7

AKO

>あんぱんち~さん
nice!をありがとうございます
by AKO (2013-04-03 16:44) 

せいじ

素敵な写真ばかりで春満開ですね!

by せいじ (2013-04-04 21:04) 

AKO

>せいじさん
撮影時はまだ咲き揃う前でした。
満開時に再度の撮影したいものです

by AKO (2013-04-04 21:19) 

まあ

素敵な写真がたくさん撮れているようですね♫
いろんな色味の桜があるんですね^^;
by まあ (2013-04-05 16:01) 

たけ

植物園はこの時期の晴れた日には最高ですよね(*^^*)
鴨川もいいですが、隣を流れる高野川沿いも人が少ない割に桜が綺麗で好きですね(≧∇≦)
by たけ (2013-04-07 22:20) 

AKO

>まあさん
>たけさん
きてくださってありがとうございます
レスが遅くてごめんなさい
by AKO (2013-04-11 13:01) 

tomato

春!ですね(´ェ`*)
こんなに濃い色の桜があるなんて知らなかったから、びっくりです(*・▽・*)
by tomato (2013-04-13 21:42) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。